土地の名義変更時に未成年の相続人がいる場合

土地の名義変更をするには、事前に相続人同士で協議をしなければいけないと聞きますが、もし相続人の中に未成年者がいる場合はどうなるのでしょうか?

相続人の中に未成年者がいる場合は、家庭裁判所にて特別代理人を選任してもらう必要があります。

未成年者以外の相続人が勝手に決めてしまうと、未成年者の利益分が公平ではなくなる恐れがあるからです。

特別代理人が選任されると、未成年者以外の相続人と特別代理人とで協議をすることになります。

特別代理人は、未成年者の人数だけ必要になります。

相続人の中に未成年者がいる場合は注意しておきましょう。

未成年者の相続人をおいて協議をして、土地の名義変更をしてはいけません。

ただし、ケースによっては相続人の中に未成年者がいたとしても、特別代理人が必要でないこともありますので、事前に司法書士に相談してみましょう。