相続する土地を売却するときの名義変更

相続する土地を売却することは可能なんでしょうか?

最近では、親と同居する子が減っているため、土地を相続して名義変更したとしても、その土地を使うことがないので売りたいと考える人が多くいます。

相続が決まった時点で売却しよう検討している人もいるでしょう。

基本的には、土地を売却することは可能です。

しかし、既に土地を相続している場合、一旦被相続人から相続人への不動産名義変更が必要になります。

被相続人名義のまま買い手に売却することはできません。

面倒ですが、売却前に土地の名義変更をするということは法律上決められています。

もし土地の相続人が複数いて分割を決定していない場合は、相続人すべての名義で一旦登記しなければいけません。

しかも、売却手続きには相続人全員の関与が必要です。

売却を考えるのであれば、できるだけ早く分割協議を行い、土地の名義変更を済ませておくようにしてください。